将来の夢はクリニックで働く歯科衛生士!夢を叶えるために必要な情報をご紹介

このサイトでは、将来クリニックで働く歯科衛生士を目指している方に、夢を叶えるために必要な情報を紹介しています。
衛生士は、ライフステージが変化しても働きやすく、またブランクが空いてしまっても復帰支援等が手厚いため、女性を中心に人気が高まっている職業です。
近年では、一度社会人になり働いたのちに退職し、専門学校等で学び資格を取得する人もいるほど魅力的な職種となっています。
なおこの記事は現役の資格保有者が執筆しています。

将来の夢はクリニックで働く歯科衛生士!夢を叶えるために必要な情報をご紹介

クリニックで歯科衛生士として活躍するためには、資格を取得するために勉学に励むことはもちろんですが、クリニックでどのように働いていきたいかを明確にする必要があります。
院によってもそれぞれ特性があるからです。
歯科医師が1人で経営しているような小規模医院もあれば、何人も歯科医師と歯科衛生士が在籍し毎週セミナーを行なっているような大規模医院もあります。
また、治療内容も院によって異なり、歯科予防処置をメインで行なっている院もあれば、治療をメインで歯科医師の補助が業務の中心となる院もあります。
自分がどのように働いていきたいかを考え就職活動をすると、より自分の希望に叶う働き方ができる可能性が高まるでしょう。

歯科医院で働く歯科衛生士の仕事内容

歯科医院で診療のサポートをしている歯科助手と違って、歯科衛生士は国家資格を有する者しか従事する事が出来ません。
歯科助手と歯科衛生士が出来る主な仕事内容の違いは、口の中に手を入れられるかです。
治療の時に使う器具の消毒や滅菌、後片付けや床の掃除その他のカルテが置いてある棚や受付業務等は歯科助手でも出来ます。
歯科助手は無資格でなれる仕事です。
患者の口に手を入れる、口腔内を触る責任が資格手当がつき、給料面でも差が出てきます。
予約診療が主流なので、基本的には飛び込みの患者は受け付けません。
その日の予約状況と患者の診療の進み具合や治療計画で1日のスケジュールが決まるので、休日出勤や残業等の大幅な変更はありません。
一概には言えませんが、歯科衛生士が長く続けられる仕事なのはワークライフバランスが取りやすいからと言えるでしょう。
医療系資格はたくさんありますが、患者を笑顔で迎えるおもてなし精神が特に必要な仕事です。

一般的な歯科衛生士の年収や時給の金額

歯科衛生士の年収は、経験年数や勤務する職場によって異なります。
また、勤務形態によっても差があります。
正社員として働く場合はボーナスや諸手当などももらえることから、年収が高い傾向です。
厚生労働省の賃金構造基本統計調査結果によると、35~39歳の歯科衛生の平均収入金額は379万7,700円です。
歯科衛生士は国家資格であるため、アルバイトやパートで働いた場合でも、高時給となっています。
平均時給は1,500円~2,000円程度です。
コンビニエンスストアやファミリーレストランなどでアルバイトをするよりも、稼ぎやすい仕事といえます。
歯科衛生としてのキャリアのある方ならば、それ以上に時給が期待できることでしょう。
虫歯の治療、歯並び矯正、ホワイトニングなど歯の治療を必要とする人は全国各地にいるため、働き先で困らないことも歯科衛生のメリットです。
結婚や出産などで退職しても、歯科衛生士の資格があれば復帰しやすいため、長期的に稼いでいくことも可能です。

歯科衛生士になるには何年かかる?

歯科医院などで活躍する歯科衛生士ですが、身近な存在であり憧れている人も多いでしょう。
ですが歯科衛生士になるには国家試験を突破しなくてはなり、さらに受験資格を得るために決められた期間、文部科学大臣または都道府県知事が指定する養成所に通い所定の課程を修了する必要があります。
では何年学べばいいのでしょうか。
かつては2年間の学習で受験資格を得ることができましたが、法改正により2010年4月以降は養成課程3年制以上のみと決められています。
文部科学大臣または都道府県知事が指定する養成所には歯科衛生士の専門学校や短大、大学がありますが、大学だと卒業までに最低4年間かかるのに対して専門学校だと最短の3年で済みます。
もし1年でも早く歯科衛生士としてスタートしたい場合は専門学校をおすすめしますが、大学や大学院に進学すればより専門的な知識を学べるほか大卒ということで採用時に有利に働く場合もあります。
コストや学習期間だけでなく、自分自身が今後そのようなキャリアを描いていくかをよく考えて選ぶことが望ましいです。

歯科衛生士の仕事に向いている人の特徴

女性に人気の職業の1つに歯科衛生士が挙げられます。
歯科衛生士に向いている人の特徴としては、まず第一に病気の治療や予防に興味がある点が挙げられます。
困っている悩みを治してあげたい、また悪くならないように予防に努めたいなどという気持ちがある場合には向いていると言えるでしょう。
そして地域の人たちの健康を守りたいと考えている人にも向いています。
歯科クリニックは一般的には地域の人たちのためになる施設です。
このような中で地域の人たちの健康を守れる事は、大きな喜びにもなります。
患者さんと直接コミュニケーションをとって処置を行うことになります。
どのような悩みを抱えて悩んでいるのか、治療をしている間に痛みが強くなっていないか、自宅に帰ってから正しい歯磨きができているのかなどをチェックする必要があるため、コミュニケーションスキルに自信がある人も向いています。
働く場所により幼い子供から高齢者まで幅広い年齢層の患者に関わることになるため、誰にでも優しく接することができる優しい人であれば素質は十分です。

著者:丸尾次雄

筆者プロフィール

長野県松本市生まれ。
歯科医院の業務に従事する人たちのキャリアアップを支援しています。
歯科衛生士の求人サイト